お葬式の時に知りたい決まり

葬式の知らせを受け取ったら、会社関係であれば、出席をする代表者を決めます。欠席をする人たちの香典をとりまとめて出席者へ預けます。お香典袋には故人の宗教に合った表書きを書き、名前を記載します。大勢で連名にする場合には、受付で混乱しないように、内訳の表を別に用意して同封します。中に入れる金額は、会社関係であれば一律に決められている、ということが多く、おおよそ3000円から5000円程度だといわれていますが、それぞれの立場や、故人との関係などにもよって左右されます。
お札の入れ方にも注意が必要です。不祝儀ですので、お札の肖像画の顔が描かれている表側ではなく、裏側が表になるように入れます。葬式は急に知らせがやってくるものですので、あらかじめ用意が必要な新札は入れないというマナーもあります。もし、手持ちに新札しかなかったら、敢えて折り目を付けるようにしましょう。細かいことですが、故人に敬意を表すために覚えておきたいマナーです。