葬式にはお香典を

葬式に出るにしても、通夜に出るにしても、通常ではお香典を準備することになります。お香典というのは、受付の際に差し出すように準備をしておくようにします。その相場というのは、身内などでは高額になりますし、友達や隣人、職場関係では5千円から1万円程度が一般的です。それを香典袋に入れるのですが、香典袋も宗教によっても異なるので、訃報が入ったときに確認しておくといいでしょう。
香典袋には薄墨で氏名を記入しておきます。そして受付で記入してある方を受付に見えるように出すようにして、そこで記帳をしていくことになります。記帳というのは氏名や住所を記入するものであり、最近ではカード式のものもあります。
そしてその場で香典返しをいただくことが多いのです。金額によっても香典返しが異なるので、それを受け取って持ち帰るようにします。その中には挨拶状やお清めの塩などが入っていたりします。
受付のあとに葬式にそのまま参列をしていくことになります。