葬式のことについて知っておくべきことは山ほどある

葬式に参列する場合には香典を持って行きますが、香典袋の表書きの書き方を間違えたらとても恥ずかしい上に遺族に失礼となるのでこの点は十分に注意をする必要があります。
香典の表書きは御霊前と書くのが一般的で、全ての宗派のお葬式で使えるので迷ったらこの言葉を書くのが良いです。
間違えやすい言葉として御仏前と言うのはありますが、これは四十九日の法要の時に使う表書きなので御仏前等と書いたらとても恥ずかしい思いをすることになります。
こういったことは小さなことに見えて実はとても重要なことで、一度書き方を間違えたら遺族の方達は決して忘れることはないです。
遺族の方達にとってはお葬式と言うのは忘れられない行事なので、許す許さない等そのようなことではなくて御霊前と御仏前を間違えたら忘れたくても忘れられない思い出となってしまうのです。
ですから葬式の時に持って行く香典の表書きの書き方については、十分気を付けるようにした方が良いです。