葬儀に参列できない場合に取るべき行動

PR | 大人用、紙おむつの人気商品
人の寿命は誰にもわかりません。そのため訃報を知らされて、葬儀の日時を知ることになっても、様々な事情で参列できない場合があります。参列したくてもできない場合は、参列できないことを遺族側に知らせるようにします。ただ葬儀の用意などで遺族側も忙しいため、何度も電話をすることは控えたほうが良いでしょう。葬儀は参列者をあらかじめ数えているわけではないので、絶対に事前連絡が必要だというわけではありませんから、遺族側に迷惑がかかりそうなときは電話連絡を控えます。参列できない代わりに、弔電を打つのも1つの手段です。弔電は遺族の自宅、もしくは葬儀が行われる斎場を宛先にします。通夜や葬儀が終わってから弔電が届いてもしょうがないので、必ず日時を確認して弔電をおくります。葬式が終わった後、後日に訪ねるのも良いですが、遠方の場合は香典を香典袋に入れてから現金書留に入れておくるようにします。そのときには香典だけでなくお悔やみの言葉を添えた手紙を同封しましょう。

香典袋には、御霊前という表書きが無難です。それに名前を薄墨で記入しておきます。万年筆やボールペンなどは避けるようにしましょう。そして故人との関係性によっても金額を検討することになるのです。さらにお札を入れて、ふくさを用意しておくようにします。
受付ではふくさから香典袋を出して、手渡すことになるのですが、その際には、「このたびはご愁傷様です。」といった言葉をかけて、自分の表書きを受付の人に見えるように出すようにします。そして氏名や住所などの記帳をしていくことになるのです。
ちなみにお通夜や葬式の両方を出席するということになると、いずれか片方でお香典を出すようにすればいいのです。

<PR> JALカード / 健康マニアによる無病ライフ / 心の童話 / 初値予想 / お家の見直ししま専科 / 工務店向け集客ノウハウ / 英語上達の秘訣 / 生命保険の口コミ.COM / 英語上達の秘訣 / マッサージのリアル口コミ.com / 童話 / アフィリエイト相互リンク / 超SEO対策 / SEOアクセスアップ相互リンク集 / ショッピングカート